モバイルWiFi

どんなときもWi-Fiの評判に騙されない!気になる通信速度や料金プランを解説!

どんなときもWi-Fiの評判に騙されない!気になる通信速度や料金プランを解説!モバイルWi-Fiルーターには必ず速度制限があると思っていませんか?

どんなときもWi-Fiは速度制限のデメリットを払拭したサービスで、提供エリアやつながりやすさも他社大手より優れています。

データ量を気にしたくない人であれば利用料金も安いので、チェックしておきたいところです。

ここではどんなときもWi-Fiについて以下3つの情報をまとめました。

  • どんなときもWi-Fiの評判
  • どんなときもWi-Fiのサービス内容
  • どんなときもWi-FiとWiMAXのどちらを選ぶべきか

使いやすいモバイルWi-Fiルーターをお求めの人はぜひご覧ください。


\ノマドワークが多い方に最適!/

» 公式サイトで詳しく見る

どんなときもWi-Fiとは?

どんなときもWi-Fi3つのキャリアで安定した通信を実現できる!

出典:どんなときもWi-Fi

テレビCMによってどんなときもWi-Fiの認知度は高まりつつあります。

実は運営元は人気モバイルWi-Fiのプロバイダを手がける会社の系列企業で、以前から確かな実績があります。

運営元は人気WiMAXプロバイダも展開中

どんなときもWi-Fiを運営しているのはグッドラックという会社で、株式会社オールコネクトと所在地が同じのグループ会社です。

オールコネクトは以前からWiMAXのプロバイダ『BroadWiMAX』を運営していています。BroadWiMAXは割引による利用料金の安さで人気を博しています。

グッドラックはWiMAX以外のあらゆるモバイルWi-Fiサービスを展開していて、信頼性を不安視する必要はありません。

どんなときもWi-Fiの他にも持ち歩きが可能な『NEXT mobile』や『ONE MOBILE』、自宅専用のホームルーターサービス『モバレコAir』も提供中です。

大手3キャリアの回線を併用できる

どんなときもWi-Fiはトリプルネットワーク自動的に3つの回線に繋がってくれるから通信品質も安定している

WiMAXなど他社のモバイルWi-Fiルーターで使用できる回線は1種類ですが、どんなときもWi-Fiは大手キャリア3社の回線を併用できます。

あとで詳しくご説明しますが、大手キャリア3社の回線を併用できれば、他のモバイルWi-Fiよりも優れたメリットを受けられます。

ネットの使用条件はWiMAXやポケットWi-Fiより優れているので、使いやすいモバイルWi-Fiを求めている人は検討する価値があります。

どんなときもWi-Fiの評判|格安料金と容量の多さで評判は高い!

実際に利用している方の口コミを見たところ、どんなときもWi-Fiは速度制限のないところが評価されています。

どんなときもWi-Fiがつながりにくいとの口コミも一部見受けられますが、実は簡単な方法で対処できます。

どんなときもWi-Fiの良くない評判

良くない評判の口コミを見てみると、時間帯によってはつながりにくいとの声が目に入りました。

こういった評判があるとはいえ、支障ができるほどではないので、気にする必要はありません。

オタ姫
オタ姫
どんなときもWi-Fiが繋がりにくいってことは、他のモバイルWi-Fiも同様の可能性もあるよね。

速度が遅いとの口コミは見受けられますが、あとでご紹介する簡単な方法で対処できます。

万が一、対処法を試しても速度が遅い場合でも、契約してから一定期間内であれば初期契約解除ができるので安心です。

他のモバイルWi-Fiと同様にデータのアップロードに時間はかかりますが、ネットを見るだけならダウンロード速度が出ていれば充分なので問題にはなりません。

オタ姫
オタ姫
というか最強のモバイルWi-Fiじゃない??

どんなときもWi-Fiの良い評判

通信速度が速いとの評判は多く、動画もスムーズに見れる品質だとわかる口コミが挙がっていました。

動画を見るには5Mbps以上の下り速度が必要なので、どんなときもWi-Fiは最低水準以上のクオリティがあるといえます。

つながりやすさの評価も上々で、WiMAXの電波が届かない場所でもネットが使えるとの口コミも見かけました。

どんなときもWi-Fiでは3つの回線を併用するので、つながりやすさは他のモバイルWi-Fiより長けています。

オタ姫
オタ姫
WiMAXは地方では繋がりにくい場合もあるもんね・・・。実際熊本でWiMAXを利用しようとしたらつながらないこともあったし…。

どんなときもWi-Fiは速度制限が完全にないので、「これこそが求めていたモバイルWi-Fi」との声を得ています。

口コミの情報を踏まえると、どんなときもWi-Fiは速度と使いやすさが優秀なサービスと認識できます。

\容量無制限で使い放題!/

» 公式サイトで詳しく見る

どんなときもWi-Fiの料金プラン

どんなときもWi-Fiでは料金プランの選択ができませんが、速度制限には縛られません。

支払い方法は2種類あるので、あらゆる人が契約できる魅力があります。

解約するときの違約金は気になりますが、2年以上の使用を考えているのであればデメリットになりません。

料金プランは1種類だが通信制限なし

どんなときもWi-Fiの料金プランは1つしかありませんが、速度制限を受けないメリットがあります。

WiMAXやポケットWi-Fiには3日間での使用量が10ギガになると速度制限がかかる欠点がありました。

どんなときもWi-Fiには3日で10ギガといった速度制限がない完全な使い放題なので、データ量を心配しながら使う必要がありません。

オタ姫
オタ姫
使い放題だから、どれだけ動画を見ても安心できるよね!

ただし、使い放題プランしかないので、動画をあまり見ない人にとっては利用料金が高いので他社も要検討です。

クレジットカードがなくても契約できる

どんなときもWi-Fiではクレジットカード払いと口座振替払いの両方に対応しています。

口座振替払いに対応しているのは当然かと思われがちですが、モバイルWi-Fiサービスはクレジットカード払いしか対応していないものが多いです。

オタ姫
オタ姫
とは言いつつも、カード払いの方が月額料金は安くなるんだよね。

そのため、どんなときもWi-Fiはクレジットカードを持っていない人にとって貴重な選択肢となります。

月額料金は支払い方法で変わる

月額料金は支払い方法で変わる可能ならクレジットカード払いで毎月得しよう!

料金プランは1種類しかりませんが、クレジットカードと口座振替のどちらで利用料金を支払うかで変わります。

どんなときもWi-Fiの月額料金を表にまとめました。

支払い方法1~24ヶ月目まで25ヶ月目以降
クレジットカード払い3,480円3,980円
口座振替払い3,980円4,410円
オタ姫
オタ姫
可能ならクレジットカード払いにしようね!ポイントも貯まるし!

利用料金が安くなるのはクレジットカード払いで、口座振替払いは若干値段が高く設定されています。

レンタルだから端末代金は0円

どんなときもWi-Fiの端末はD1気になる端末代はゼロ円!

モバイルWi-Fiを契約するときに気になるのが初期費用となる端末代金です。

どんなときもWi-Fiでは端末がレンタルで提供されるので、契約するときに代金がかかりません。レンタル料金も無料です。

契約するときに発生する費用は事務手数料の3,000円だけなので、初期費用の負担は大きくなりません。

海外での使用もできる

どんなときもWi-FiにはクラウドSIMが搭載されていて、海外でもSIMカードの差し替え不要で利用できます。

クラウドSIMはオンライン上のクラウドサーバーから回線事業者のSIM情報をダウンロードするツールで、いる場所に適した回線を使用できる利点があります。

どんなときもWi-Fiの端末を持って海外に行けば、内蔵のクラウドSIMが現地に適したSIM情報を取得して通信を可能にしてくれます。

しかし、海外で使用するときは別途料金が発生するので注意してください。海外での利用料金を表にまとめました。

エリア利用料金使用できるデータ容量
アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米(74ヶ国)1,280円/日1GB/日
中東・南米・アフリカ(56ヶ国)1,880円/日1GB/日
オタ姫
オタ姫
海外での利用もできるけど、正直安くはないので、海外専用のWi-Fiを借りた方が良いかも!

どんなときもWi-Fiは海外で利用する料金プランを選択できず、1日1ギガまで使用できる形式になりますが、余った容量は翌月への持ち越せません。

そのため、国外でネットを使う際は海外用のプリペイドSIMを使用したほうが費用を安くできます。

海外用のプリペイドSIMならどんなときもWi-Fiの国外向け料金と同等の価格で3ギガ以上使用でき、有効期間ないであれば使用していないデータ量が失われません。

2年縛りなので違約金には注意

オタ姫
オタ姫
気になる縛りは2年だよ!

デメリットは契約期間による縛りです。

どんなときもWi-Fiでは契約期間が2年となっていて、解約するタイミングが2年ごとに一度の更新月でないと違約金を払わなければいけません。

違約金の値段は契約してから経過した月数で変わります。

契約からの経過月数契約解除料金
0~12ヶ月目19,000円
13~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目(更新月)0円
26~48ヶ月ヶ月目9,500円
49ヶ月目(更新月)0円
50~72ヶ月目9,500円

そのため、どんなときもWi-Fiを契約するときは、最低でも2年間の使用が前提と考えるべきです。

受取から8日以内なら初期契約解除ができる

端末を受け取ってから8日以内は例外で、初期契約解除制度を適用して違約金0円での解約ができます。

初期契約解除は万が一どんなときもWi-Fiの品質に不満を感じたときに解約するための制度なので、念のため覚えておきましょう。

ただし、初期契約解除を適用しても契約事務手数料3,000円は負担しなければいけないので注意してください。

\容量無制限で使い放題!/

» 公式サイトで詳しく見る

どんなときもWi-Fiの通信速度は?トリプルキャリア対応の回線なので通信品質は安心できる

気になる通信の品質ですが、どんなときもWi-Fiでは大手3キャリアの回線に対応しているので申し分はありません。

端末の性能は他社と比べて劣りますが、楽々とホームページと動画が見られます。

つながりやすさも秀逸で、どのような場所でも安定した通信を可能にしています。

最大通信速度は150Mbps

どんなときもWi-Fiは公式サイトに通信速度を記載していませんが、提供される端末『D1』のスペックを確認すれば理論上の最大速度がわかります。

D1は下り速度が最大150Mbps、上り速度が50Mbpsです。WiMAXやポケットWi-Fiはより最大通信速度の速いモバイルWi-Fiルーターを販売しているので、他社と比べると劣っているように感じます。

事業者機種名最大通信速度
どんなときもWi-FiD1下り:150Mbps
上り:50Mbps
WiMAXSpeed Wi-Fi NEXT W06下り:867Mbps
上り:75Mbps
ポケットWi-Fi803ZT下り:866Mbps
上り:37.5Mbps

しかし、上記の数値は理論上での最大値でしかなく、実測値は記載通りの数字になりません。

オタ姫
オタ姫
理論上早くても実測とは別だからそこまで気にするものではないよ!

WiMAXとポケットWi-Fiでは800Mbps以上の速度に対応しているエリアが東京や大阪など一部に限定されているので、スペック表通りの満足度が得られるとは言い難いです。

そもそもホームページや動画を見るには下り速度が5Mbps以上出ていれば充分なので、どんなときもWi-Fiの端末はスペックに問題がありません。

先ほどご紹介した口コミを見ての通り、評判も良いので品質は良いといえます。

トリプルキャリア対応だから提供エリアは広範囲

大手の3キャリア回線を併用できる仕様は、つながりやすさを向上する要因でもあります。

どんなときもWi-Fiの端末は使用する場所に応じてつながりやすい回線を自動で選択してくれます。

ソフトバンクがつながらない場所にいるときは、ドコモやau回線で通信ができるというわけです。

そのため、利用できるエリアはWiMAXやポケットWi-Fiよりも広範囲となっていて、出張や旅行での移動が多い人にもおすすめです。

提供エリアの範囲は以下3キャリアの公式サイトで確認できます。

キャリアエリア確認ページ
ドコモhttps://www.nttdocomo.co.jp/area/
ソフトバンクhttps://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/
auhttps://www.au.com/mobile/area/

プラチナバンド対応で室内でもつながりやすい

提供される端末のD1はプラチナバンドと呼ばれる周波数帯にも対応しています。

プラチナバンドとは壁や高層ビルなどの障害物があっても安定して届く電波で、室内や建物にいるときでも安定した通信を実現してくれます。

WiMAXなどの大手他社は基本的にプラチナバンド非対応なうえに、オプションで使用しても月に7ギガしか通信できないデメリットがありました。

どんなときもWi-Fiでは追加オプションなしでプラチナバンドが使用できるので、あらゆる場所でも安定してつながります。

どんなときもWi-Fiが繋がりにくい時の原因と試したいこと

契約したあとにつながりにくいと感じる可能性も決してゼロではありません。

どんなときもWi-Fiはトリプルキャリア対応なので提供エリア外である可能性は低く、モバイルWi-Fiルーターやスマホなどの機器側に原因があると考えられます。

最初に先ほどご紹介した公式サイトで提供エリアにいるかの確認は必要ですが、基本的に端末側に原因があり簡単な方法で対処できます。

ルーター・スマホの不具合

もっとも考えられるのはモバイルWi-Fiルーターやスマホの不具合です。

ルーターやスマホは電源を切らない状態が続くと不具合を起こし、通信不良を招きやすくなります。

動画を見続けて端末に負荷がかかり、熱暴走でつながりにくくなるパターンも珍しくありません。

ルーターやスマホが不具合である場合の対処法は簡単で、端末の電源を切って再起動させるだけです。

端末を再起動させるだけで不具合が解消されて、つながりが改善できる可能性は高いです。

ルーターの置き場所

どんなときもWi-Fiはプラチナバンド対応なので、室内でも安定してつながります。

しかし、壁の枚数や厚みが原因でつながりにくくなる可能性はゼロではないので、室内で利用している場合はルーターの置き場所も見直してみましょう。

おすすめの置き場所は窓際で、壁に電波を妨げられるリスクを低くできます。

ルーターへ接続している機器の台数

どんなときもWi-Fiのルーターに同時接続している台数も考えられる原因の一つです。

D1に同時接続できる機器の台数は5つまでなので、6台以上のスマホやパソコンを接続すると速度が低下してつながりにくいと感じる状態になります。

複数の端末でWi-Fiを利用しているのであれば、同時に接続している端末の数を確認して5台以内におさめてください。

\容量無制限で使い放題!/

» 公式サイトで詳しく見る

どんなときもWi-FiとWiMAXの違いを比較

WiMAXはどんなときもWi-Fiよりも低価格で利用できますが、速度制限があるのでライトユーザー向けの選択肢です。

ただし、契約期間の縛りが長いので注意が必要です。

料金プランの違い

どんなときもWi-Fiには料金プランが1つしかありませんが、WiMAXでは申込み時にライトプランとギガ放題のどちらかが選べます。

ライトプランは毎月使用できるデータ量が7ギガまでと限られています。

7ギガは動画を約10時間半見れば使い切るので、ホームページの閲覧やLINEでのやり取りがメインのライトユーザーに向いています。

通信用途7GBで使用できる量1日で使用できる量
高画質の動画再生※1約10.5時間約20分
中画質の動画再生約28時間約50分
ホームページの読み込み※2約46,200回約1,540回
LINEでの音声通話約280時間約9時間
LINEでのビデオ通話約21時間約45分
LINEのメッセージ送受信
(メールの送受信も含む)
約14,000通約466通

※1:画質がHDの720Pの場合です。
※2:Yahoo!ニュースなどのニュースサイトの見る場合の目安です。

ギガ放題プランには一ヶ月で使用できる容量の上限がありませんが、次に説明する速度制限があるので注意が必要です。

速度制限の有無の違い

WiMAXはどちらのプランにも速度制限を設けています。

ライトプランでは一ヶ月に7ギガを使用すると月末まで通信制限がかかり、最大通信速度が128Kbpsまで落とされます。

128Kbpsの速度ではホームページの閲覧ができず、使いものになりません。

ギガ放題プランは毎月使用できるデータ量は無制限ですが、3日間で使用できるデータ量は10ギガまでと制限されています。

3日で10ギガを使用すると次の日の18時から深夜2時まで通信速度が1Mbpsに落とされ、動画の再生が難しくなります。

毎日4~5時間以上の動画再生をしていると10ギガは3日で消費するので、動画を見る頻度がどんなときもWi-FiとWiMAXへの申込みをするべきかのポイントになります。

電波のつながりやすさの違い

WiMAXは1種類の回線しか利用できないうえにプラチナバンド非対応なので、室内や高層ビルが多い場所では電波の入りが悪くなりやすいです。

LTEオプションを活用してauのLTE回線を使えば電波の入りが良くなりますが、加入プランに関係なく一ヶ月に7ギガを使用すると月末まで通信制限を受けてしまいます。

提供エリアもどんなときもWi-Fiより狭いので、使える範囲が広いとはいえません。

どんなときもWi-Fiはプラチナバンド対応なので、WiMAXよりも室内やビルが多い場所でのつながりが優れています。

月額料金の違い

WiMAXは基本月額料金はどんなときもWi-Fiより高い印象を受けますが、キャンペーンを実施しているプロバイダで契約すると話は変わってきます。

たとえばGMOとくとくBB WiMAXで契約して月額割引を受けると、3年間はどんなときもWi-Fiより安い料金でWi-Fiを利用できます。

事業者プラン月額料金
どんなときもWi-Fiクレジットカード払い1~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目以降:3,980円
口座振替払い1~24ヶ月目:3,980円
25ヶ月目以降:4,410円
WiMAXライトプラン3,696円
ギガ放題プラン4,380円
WiMAX
(GMOとくとくBBで申込みをする場合※1)
ライトプラン1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:2,690円
37ヶ月目以降:3,609円
ギガ放題プラン1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円
37ヶ月目以降:4,263円

※1:月額割引キャンペーン申込みの場合の金額です。

キャンペーンを適用した場合の料金は魅力ですが、速度制限がネックになるので、データ容量を気にしたくない人にはどんなときもWi-Fiがおすすめです。

WiMAXにはキャンペーンを開催しているほとんどのプロバイダがクレジットカード払いにしか対応していないので、口座振替払いを利用したい人はなおさらどんなときもWi-Fiを選ぶべきです。

なお、ほとんどのWiMAX対応プロバイダは端末代金を0円にしています。

» 月額料金割引の公式ページ

海外での利用可否の違い

WiMAXは日本国内専用のサービスなので、海外では一切使用できません。

海外用のSIMカード挿入してもネット通信はできないので、日本国内での利用に制限されます。

海外でも使えるモバイルWi-Fiが欲しいのであれば、どんなときもWi-Fiを選びましょう。

契約期間の縛りの違い

WiMAXは違約金はどんなときもWi-Fiと同じ金額に設定されています。

解約のタイミング契約解除料金
1~12月目まで19,000円
13~24ヶ月目まで14,000円
25~36ヶ月目9,500円
37ヶ月目(更新月)0円
38~72ヶ月目9,500円
73ヶ月目(更新月)0円
74~108ヶ月目9,500円

しかし、契約期間は3年となっていて、違約金を払わずに解約できる最初のタイミングは3年後の更新月になります。

2年以内の使用を想定しているのであれば、契約期間が2年のどんなときもWi-Fiが魅力的です。

どんなときもWi-Fiがおすすめな人

どんなときもWi-Fi3つのキャリアで安定した通信を実現できる!

これまでにご説明した特徴を踏まえると、どんなときもWi-Fiは以下のタイプに当てはまる人におすすめです。

  • つながりやすいモバイルWi-Fiルーターが欲しい
  • 口座振替に対応しているサービスを契約したい
  • 契約期間が3年より短いサービスを利用したい人
  • 海外でも簡単にモバイルWi-Fiを使いたい人

どんなときもWi-Fiはトリプルキャリア対応でプラチナバンドの電波が使用できるので、提供エリアが広く室内でも安定した通信ができます。

口座振替に対応しているので、クレジットカードを持っていなくて他社大手のモバイルWi-Fiが契約できない人にも向いています。

契約期間が2年なので、他社の3年縛りがネックと感じる人も検討する価値があります。

SIMカードの差し替えをしなくても海外で使用できるので、海外出張が多い人もチェックしてみましょう。

\3キャリア通信で安定した品質/

» 公式サイトで詳しく見る

WiMAXがおすすめな人

GMOとくとくBB WiMAXWiMAXならGMOとくとくBBがお得!

どんなときもWi-Fiと比較すると使いやすさが劣るWiMAXですが、以下に当てはまるライトユーザーの人であれば悪いものではありません。

  • 動画はあまり見ない
  • 利用料金の安さを重視したい
  • 外での使用が多い

速度制限がネックのWiMAXですが、動画を見る頻度が少なければどんなときもWi-Fiよりも安い料金で使用できます。

室内でのつながりが良くないネックはありますが、外での使用がメインであれば快適な通信が可能です。

\月額料金を割引してお得に!/

» 公式サイトで詳しく見る